とうきょうの真ん中で’地方暮らし’を考えるーとっとりの場合

明日から東京へいってきます。26日に帰ってきます。

今回は、Warabe-uta Partyのお仕事でございます。




とうきょうの真ん中で’地方暮らし’を考えるーとっとりの場合 

というイベントの中でのミニコンサートです。

http://www.birdtheatre.org/image/TokyoKurashi.pdf


フェイスブックページに投稿した文章、我ながら熱いのでブログにも残しておこうと思います。

とうきょうの真ん中で’地方暮らし’を考えるーとっとりの場合 フェイスブックページ

https://www.facebook.com/tottorinobaai/



1/24(日)、ミニコンサートをさせていただきます

Warabe-uta Party(わらべうたパーティ)の森田さやかです。

この日は、


わらべうたうたい 坂野知恵(東京在住)http://chieda919.exblog.jp/

ギタリスト 坂野いぶき(東京在住)http://ibuki-bui.hateblo.jp/

うたうたい 森田さやか(鳥取県在住)https://morisaya.localinfo.jp/


の3人が鳥取県で出会い、生まれたアートスタート作品

【坂野知恵のWarabe-uta Party】や、アートスタートを通じて生まれた歌

の中から、この日のための特別なコンサートをお届けします。


鳥取県では、約15年前からアートスタート活動(0歳から就学前の子どもたちが大好きな人とともに生の舞台を楽しむ“アートとの出会いの場”をつくる活動)に県をあげて取り組まれており、県内各自治体と地域の皆さんが協力し、小さい人たちへプロの舞台を届ける機会を毎年継続して持つ事ができています。NPO法人子ども未来ネットワークhttp://kodomomirai.kirara.st/の皆さんが、その橋渡しとなる活動を長年にわたりとても丁寧にされてきました。そのノウハウの蓄積もあり、2013年には、鳥取県で、アートスタート全国フォーラムが開催されました。この際記念講演として脳科学者の小泉英明先生を迎え、「アートって何だろう? "ほんもの"に囲まれて育まれる感動」というテーマのお話があり、私が一番心に残っているのは、「脳の中で“美しい”と感じる部分は、ご褒美をもらった時と同じ部分が反応する」ということです。つまり、感動は生きる原動力になるのだという事が脳科学的にも証明されていることがわかりとても嬉しく思いました。なぜアートスタート活動に取り組んでいるのか?と聞かれると、私は、“人間が生きるチカラになるから”です。と素直に答える事ができます。小さい人達とともに同じものを見つめ、心が揺れ動く体験は、大人にとってもものすごく感動的なのです。


さて、今回の企画を鳥取県と共に主催をされている鳥の劇場の皆さんや、先述した子ども未来ネットワークの皆さん、他にも県内様々な団体が、鳥取県と一緒に取り組んで来た「暮らしとアートとコノサキ計画」という事業がございます。http://konosaki.org/ 簡単に言うと、“県外からアーティストを招き、地域の中での芸術活動を通じて、地域の未来を創造してみよう”という試みです。この中で、2012年、こども未来ネットワークが招聘したのが坂野知恵さんと坂野いぶきさん。そして、鳥取県で歌う活動をしている私も混ぜてもらって誕生したのが【坂野知恵のWarabe-uta Party】という全国各地のわらべうたを中心にしたアートスタート作品です。2013年、2014年には鳥取県内、お隣の島根県での公演が行われ、2015年には福岡県での国際子ども芸術フェスティバルでも上演。この度、3年の時を経て東京で初めての公演の機会を頂き、感謝の気持ちでいっぱいです。


鳥取県が、【暮らし】や【子育て】に【芸術】を通じてアプローチをしているということ、その中で私たちが感じている事を歌いながら楽しくお伝えできたらと思います。


皆様とお会いできますこと、心より楽しみにしています!!


最後にプロフィールをご紹介。


★わらべうたうたい 坂野知恵(東京在住)http://chieda919.exblog.jp/

子育てしながらわらべうたに出逢って25年。

わらべうたのワークショップや、わらべうたライブの活動をしています。

他にも、ふしぎな楽器を携えて、各種のライブにも参加しています。

◎誰もが気づいたら歌い出してしまうちえさんのライブは老若男女がハッピーになります


★ギタリスト 坂野いぶき(東京在住)http://ibuki-bui.hateblo.jp/

ギター弾いてます。

独学でギターを始め、16歳のころJazz Manouche(ジャズマヌーシュ)/Gypsy Swing(ジプシースウィング)と呼ばれるスタイルに出会い、現在のメイン活動に。

その他、アコースティックバンドのサポートや、0歳から100歳まで楽しめる"わらべうたライブ"など、ジャンルにこだわらず活動の場を広げて行きたいと思っています。

◎いぶきさんのギターの音色は自由自在。いつも心の奥に届くすばらしい音色です。


★うたうたい 森田さやか(鳥取県在住)https://morisaya.localinfo.jp/

元税関職員。転勤がきっかけで気づいたら鳥取県にIターンしていました。

2011年からシンガーソングライターとしてギターの弾き語りをしたり、新感覚紙芝居よしととひうたの音楽担当hiutaとのユニット「マイトリー」のボーカルとして活動。アートスタート活動(0歳から就学前の子どもたちが大好きな人とともにプロの舞台を楽しむ"アートとの出会いいの場"をつくる活動)にもかかわる。ご縁のままに、学校、幼稚園、カフェ、ギャラリー、サロン、個人のご自宅、福祉施設、イベント、牧場、お寺等色々な場所で歌っている。日常になじむ素直なうたを歌い、沢山の笑顔に出会いたい。




ちなみに、



25日は、昭島市の昭島市多摩保育園にて【坂野知恵のWarabe-uta Party】上演(限定公開)


26日は、小平市はなこひろばにておこなわれる知恵さん&いぶきさんのわらべうたライブついて行きます。


いってきます〜★

森田さやかホームページ

うたうたい森田さやか(もりさや)のホームページです。ようこそ!

0コメント

  • 1000 / 1000