はるのおと

あおぞら自主保育の会 木とねっこ

のスペシャルデイで、コンサートをさせてもらいました。場所は湯梨浜町松崎のさくら工芸品工房。桜小学校跡地のすてきな場所。桜が色づき始めていました。200人を超える人達が訪れたそう。

この日はプレーパークが開かれていて、こどもたちが色んなところで色んな遊びを思い思いに楽しんでいました。綱渡りもベーゴマもお手玉も焚火も木のおもちゃコーナーもある。

私は、小学生のキャッチボールに混ぜてもらってへろへろになってから【いちまいのおさら】のこーたさんの太陽光バッテリーにアンプをつないでリハーサルを開始。リハーサルから皆がやってきて、歌をリクエストしてくれました。


楽器をいくらか持って行っていたのですが、こどもたちがやってきては楽器で遊んでる。持ち方も鳴らし方も思い思いに。たまに演奏方法を聞いてくれるので、そのときには伝えてみる。みんな、得意げやったな(笑)


一時になると行進しながらギターとピアニカとお父さんのカホンでスタートして、わらわらと皆が集まる。


のんびりした気分で、おひざのうえで。

バランスを歌ったときは、タンバリンにしゅんちゃん、シェイカーはそうちゃん。小さなダンサーも居ます◎

春のわらべうた ずくぼんじょ でストレッチ。


このあと、とりアートで創った【あいさつがわりに】というダンスがついた歌を踊って、

たむらさんのうっとりするピアノの歌を歌って、

アンコールの時は、小さなピアニストも!もだえるかわいさ。キーボードからリズムが流れるボタンを押してくれたので、少し即興演奏ができました。(笑)



ライブが終わった後も、プレーパーク終了までおしゃべりしてはずっと皆で音を奏でていました。

音を出してみたい!って皆の顔に書いてあったのがとてもよくわかった一日でした。


片付けまで、ずっと手伝ってくれたり、すいせんの花束をくれたり。何度も何度もありがとうを言ってくれたり。なんていうかね、そういうことなんだなあと思いました。遊ぶ力の偉大さよ。

ただただ、遊んでいたら一日があっと言う間でした。


これからの活動の中にもおおいに活きる一日。


スタッフの皆さん、遊びにきてくれた皆に心からの感謝を。大切な学びを本当に沢山させていただきました。ありがとうございました!


主催:あおぞら自主保育の会木とねっこ

共催:自然がっこう旅を旅をする木

   青少年育成団体ポレポレキッズ☆

   ホエホエ隊

後援:湯梨浜町教育委員会

協力:とっとりのお手玉の会

   冒険遊び場きち基地

   三八実行委員会

   いちまいのおさら

   NPO法人こども未来ネットワーク

   鳥取県キャンプ協会

   カフェアチェリーノ



森田さやかホームページ

うたうたい森田さやか(もりさや)のホームページです。ようこそ!

0コメント

  • 1000 / 1000